新しい家族を迎えよう

改善するには

夫婦一緒に

不妊症の原因はさまざまですが、それは、治療することでいくらでも治すことができます。しかし、治療を受けるためには、まず何が原因であるかどうかをハッキリさせるべきです。男性側に原因があるにも関わらず、女性側が治療を受けても意味がありませんし、女性側に原因があるにも関わらず、男性側が治療を受けても意味がありません。治療を受けるのであれば、まず診察を受け、何が原因であるのかを明確にすることが先決です。

そんな不妊治療には、さまざまな治療法があげられます。まずあげられる治療法として、「基礎的な治療法」があげられます。
基礎的な治療法としては、タイミング療法があげられ、基礎体温を計り排卵日をある程度特定し、その際に性交渉を促す治療法のことを指します。

タイミング療法以外にも、不妊治療にはさまざまな治療法があげられます。
その中には、排卵を促したりインポテンツを治療したりするような「内服薬治療」であったり、排卵を誘発する「注射治療」であったり、卵管の異常を治療する「卵管通水・通気療法」などがあげられます。

不妊治療の中には、高度医療を用いた治療法もたくさん存在しています。
そんな高度医療を用いた不妊治療として、体の外で受精させ、その受精卵を子宮内に戻す「体外受精」であったり、人工的に精子を子宮内に注入する「配偶者間人工受精」であったり、体の外で卵子と精子を混ぜあわせ、それを卵管内に移植する「配偶子卵管内移植方法」であったり、顕微鏡で確認しながら確実に受精させる「顕微受精」などがあげられます。